2021年の公共工事設計労務単価

みんなの声で賃金を上げよう!現場を変えよう!国が定めた2021年の8時間あたりの設計労務単価です。公共工事の見積もりには、この賃金額を使います。しかし、私たちの調査によると、現場で働く労働者の実際の賃金は7割にも及びません。建設労働者の処遇改善のために、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

現場の情報は『現場の情報交流サイト』にお寄せください

2020年と2021年の比較などについては全建総連HP