組合の魅力を動画で配信【東京土建多摩西部支部】

東京土建一般労働組合多摩西部支部はユーチューブ(動画配信サイト)で組合の魅力を音声付マンガで発信しています。ぜひ、ご覧ください。

「東京土建国保」と「どけん共済」のメリットとは!?

東京土建国民健康保険組合HPはコチラ

どけん共済会HPはコチラ

*1:一部負担払戻金 東京土建国保の被保険者が療養の給付(保険診療)を受けたとき、療養費および訪問看護療養費を受けたとき、または公費負担医療の患者一部負担金を支払ったときに、入院は組合員・家族とも、外来は組合員のみが支給対象となり、診療または調剤の報酬明細書(レセプト)1枚ごとに、一部負担金から17500円を控除した額が支給されます。(入院で控除された17500円までの一部負担金は、どけん共済の対象となります)

*2:疾病入院給付金 組合員が保険診療で連続して5日以上入院したとき、申請により、入院1日目から国保種類に応じた日額が5年間で180日を限度に支給されます。ただし、国保組合に加入して6ヵ月を経過する前の入院、業務上や通勤途上の傷病、重過失による傷病などが原因の入院は支給対象外です。

*3:傷病見舞金 病気やケガで働けなくなったときは、「組合総合共済」から見舞金(入院1日6000円、通院・自宅療養1日4000円)が給付されます。加入されている共済型により内容が異なりますので、詳細はご所属の東京土建各支部にお問い合わせください。この他の共済制度として、お祝い金や弔慰金もあります。

*4:一部負担払戻金(家族入院) 一部負担払戻金と国保入院共済金は家族の入院も対象です。ただし、出生による資格取得を除き、加入後6ヵ月以内の家族は支給対象外となります。

現場の労働環境を改善!

現場の情報はコチラにお寄せください

東京土建多摩西部支部の動画チャンネルには他にも動画あります。