2007年04月23日

手戻り工事は元請の責任

一週間ぶりになりました。先週は全建総連の大手企業交渉が繰り広げられました。派遣の監督、監督の技量低下が問題となって久しいところですが、そのために発生した手戻り工事、指示ミスの変更工事は元請の責任だよと、公式に認め、私たちに回答したゼネコンが数社ありました。当たり前のことですが、一歩前進です。
今回の交渉では一次下請の事業主や職長さんが何人も参加して、企業の回答の不備を正すことができました。そんなこと言って仕事干されないの、って心配して尋ねたところ、大丈夫、俺をはずしたら現場進まないからとの力強い答えが返ってきました。交渉の姿と中身が変わっていきます。

投稿者 don-a : 2007年04月23日 13:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://www.tokyo-doken.or.jp/mt/mt-tb.cgi/153

コメント

コメントを送ってください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?