建設業ではたらく仲間をサポート

FAX:03-5332-3972 〒169-0074 新宿区北新宿1-8-16【地図
メニュー

建設産業従事ノウハウ

□ アスベスト・職業病認定の取り組み
 
  1.アスベスト(石綿)は、どのような建築材料に含まれているのか?
   

 アスベスト(石綿)は、耐火性・耐久性に優れているため、さまざまな製品に利用されてきました。日本のアスベスト輸入量は、1945(昭和20)年ごろから増加し続け、1970年代にピークとなりました。その後、特に発ガン性の高い種類のアスベスト(クロシドライト、アモサイト)が輸入禁止となったことを受けて、アスベスト(クリソタイル)の輸入量は減少、平成16年10月にようやく原則禁止となりましたが、輸入されたアスベストは、ほとんどが建築材料に使用されています。
  次の表に各職種における使用建材と曝露作業を挙げておきますが、これはほんの一例にすぎません。自分の職種にかかわらず、このような作業の現場にいることで、アスベスト(石綿)を吸い込むことになるのです。

   
職種 含有建材 曝露作業
大工、サイディング工 石綿ボード、天井材、外壁材、防火壁 切断作業、取付け作業
電気 天井材、壁材 配線時の穴あけ作業
左官、塗装 壁材 壁の剥離作業
保温工、空調 断熱材、保温材 切断作業、取付け作業
鉄骨 鉄骨被覆材 敷設・除去作業
鳶、はつり、解体 鉄骨被覆材、断熱材、壁材など 解体作業
床・内装 床材 切断作業、取付け作業
舗装 アスファルト 敷設・除去作業
屋根 スレート瓦、波形スレート 敷設・除去作業
 
  2.職業病認定に取り組む東京土建
     職業病とは、仕事が原因の病気をいいますので、労災保険が適用されます。まじめに働いてきた結果、職業病に罹患した仲間の権利を守る取り組みとして、東京土建では肺ガン等の病気を職業病としての労災認定させる運動に取り組んできました。
  東京土建が扱ってきたじん肺・アスベスト関連疾患での労災認定総数はこの5年で209件になりました。このうちアスベストによるものは「中皮腫20人」「肺がん85人」「石綿肺43人」「びまん性胸膜肥厚4人」の152人と、半分以上になっています。この傾向は今後も強まると予想されます。 また、「中皮腫」「肺がん」「びまん性胸膜肥厚」の認定基準が改正され、認定の基準が緩和されました。
    
 > 職業病認定の実績 PDF(PDFファイル)
 
  3.職業病の相談をしたい場合
     みなさんのお話をお伺いし、専門医のご紹介、労災申請のアドバイスを行っています。くわしくは支部にご連絡下さい。
 
  4.健診、アスベスト・じん肺検診は組合の活用を
     忙しい毎日の中で、おろそかになりがちな自分の健康をチェックするとともに、生活習慣病の早期発見・早期治療に役立たせるため、東京土建の各支部では健康診断を実施しています。
 オプション検査として「アスベスト・じん肺検診」「有機溶剤検診」も行っています。また、事業所単位で行う健康診断も行っています。実施の日程等については、近くの支部に問い合わせてください。
※健診の結果票は、ゼネコン等への提出用としても対応できます。

  > じん肺アスベスト検診 PDF(PDFファイル)
 
  5.工事におけるアスベスト対策を
      > http://www.tokyo-doken.or.jp/asbesto.html
電話:03-5332-3971 FAX:03-5332-3972
〒169-0074 新宿区北新宿1-8-16【地図