建設業ではたらく仲間をサポート

FAX:03-5332-3972 〒169-0074 新宿区北新宿1-8-16【地図
メニュー
組合費計算 資料請求/加入申し込み

建設アスベスト被害救済・震災復興支援に全力 建材に入ったアスベストで、健康被害を受けた建設労働者を救え! 首都圏建設アスベスト訴訟

アスベストの約8割が建設資材に使用

 日本では約1,000万トンのアスベストが輸入され、その約8割が建材に使用されました。世界でアスベストの危険性が指摘されるなかでも日本は使用を続け、被害を広げることにつながりました。アスベストを原因とする労災保険給付は、2005年以降毎年千人前後で推移しています。2016年のアスベスト関連疾病による労災認定者は1,068人で、約半数(589人)が建設従事者です。建設産業従事者は最大の被害者です。

2016年度アスベスト関連疾患労災認定者数

労災認定・被害の掘り起こしに取り組む

 東京土建は組合員のアスベストによる労災認定に組織をあげて取り組んでいます。2002(平成14)年以降のアスベスト疾患で労災認定された組合員は904人に及びます。一人親方など個人では申請が難しいような場合でも、書記局が親身になってお手伝いします。

「謝れ、償え、なくせアスベスト被害」掲げ
集団訴訟に取り組む

 アスベストによって命を奪われ、健康を壊された被害者による国とアスベスト建材製造企業を相手にした建設アスベスト訴訟は全国に広がり、すべての判決で国に勝訴しています。また、京都・横浜地裁、東京高裁では被告企業にも賠償を命じる判決が出されています。
 今年の3月14日にはもう一つの東京高裁判決が出されます。さらに私たちは司法による解決でなく、国と建材企業の拠出による「建設アスベスト補償基金」の創設を国に働きかけています。

これまで出された判決



震災復興支援に全力 「今、何かできることを」被災地に心よせて

PHOTO
板橋支部 復興支援 陸前高田
PHOTO
板橋支部 復興支援 陸前高田

 東日本大震災から7年が経過しましたが、被災地の復興はすすんでいません。
 東京土建の各支部では被災地の復興と子どもたちの笑顔を願って岩手・宮城・福島で仮設住宅の修繕や木工教室をはじめとした様々な活動をおこなっています。

まちの救助隊と災害時協定締結31自治体と

PHOTO
PHOTO
 東京土建は、まちの減災防災活動の支援として都内27支部に「まちの救助隊」を結成しています。
 現在隊員は3,500人。都内35の自治体と災害時協定も締結しています。
電話:03-5332-3971 FAX:03-5332-3972
〒169-0074 新宿区北新宿1-8-16【地図