建設業のみなさん、「働き方改革」にそなえていますか?1分でわかる働き方改革必要度チェック!

チェックスタート

働き方改革の「課題」は多い…

やらなきゃダメ??

「働き方改革」の実現には、多岐にわたる取り組みが必要となるため、一度に達成しようとするとなかなか上手くいかないものです。
しかし、建設業界は他の業界と比べ労働時間が長く、その差は300時間以上。週休2日制も十分に確保されておらず、他産業に比べて賃金水準も低い状況が続いています。
このような状況を改善し、建設業界を若手にとって魅力的な職業にしていくためにも「働き方改革」が必要です。

いつから、何をしないといけないの?

項目、概要、施工日

中小企業もやるよ!

  • 労働時間の把握の実効性確保
    現認や客観的な方法による労働時間の把握の義務化
    施行日2019年4月~
  • 年次有給休暇の年5日の取得義務
    年10日以上の年休付与者は毎年、時季を指定して年5日の取得を義務とする※1
    施行日2019年4月~
  • 残業時間の上限規制※2
    時間外労働時間の上限を原則月45時間、年360時間とする
    施行日2020年4月~
  • 月60時間超えの時間外労働の割増率引上げ
    月60時間を超える時間外労働に係る割増賃金率を50%以上とする
    施行日2023年4月~
  • ※1:6ヶ月以上継続就労している者で80%以上の出勤率の労働者
  • ※2:「残業時間の上限」については、建設事業は2024年4月からですが、建築設計やビルメンテナンス、製造に近い働き方の職種については2019年4月からの対応が必要な可能性があります。

これからやってみよう!

働き方改革を成功させるポイントは、実現可能なところからスタートすること! 東京土建では「働き方改革」をめぐる不安や悩みを解決すべく、「セミナー」「専門家紹介」「業界改革」に焦点を当て、取り組みを実施中。建設産業で72年、11万人の組合員のさまざまな課題を解決してきたノウハウを活かして、建設従事者の「働き方改革」をサポートします。

いっしょに学ぼう 課題:なんのことかさっぱりわからん → 東京土建のセミナーに参加しよう

建設業の相談にのってきた 社労士が講師のセミナー。経営者の実践・経験発表 や 交流会 もしています。

申込み電話:03-5332-3971

第1回  6月24日(月) 13:30~15:30
働き方改革の全体像と建設業に与える影響
雇用対策法の改正と建設キャリアアップシステム
年次有給休暇の取得促進
第2回  7月29日(月) 13:30~15:30
時間外労働の上限規制と労働時間の管理
過重労働対策とメンタルヘルス対策
女性・若者が活躍しやすい環境整備
日本版同一労働同一賃金と非正規雇用の処遇改善
第3回  8月26日(月) 13:30~15:30
先行事例に学ぶ
事例を紹介しながらポイントについて解説

会場本部会館 5階

専門家に聞こう 課題:難しそう。誰に聞いたらいいの? → 社労士ネットはあなたの味方

社労士ネットは 建設産業での就業規則づくりや36協定締結 のお手伝いなど豊富な経験をもつ専門家集団。だから安心して相談できます。事業拡大への助成金制度活用、トラブルや紛争防止 などのアドバイスもおこなっています。

声をあげてみよう 課題:ちゃんとやったらつぶれてしまうよ。元手がないんだ → 現場の声で大手も動く

東京土建では仲間の声を集めて、大手ゼネコンや住宅企業への交渉を年2回しています。法定福利費の確保と賃金単価の見直しをせまり、現場の 労働環境の改善 などの成果につながっています。

東京土建に相談しよう 課題:で、結局、何したらいいの? → 東京土建にお任せください

事業主も従業員も仕事も家族も まるごとサポートする制度をもつ東京土建なら、課題を整理していっしょに解決できます。

働き方改革 必要度 チェック! がんばってます!

結果をもう一度見る

働き方改革 必要度 チェック! もうちょっと!

結果をもう一度見る

働き方改革 必要度 チェック! けっこうヤバイ!

結果をもう一度見る

働き方改革 必要度 チェック! マジでヤバイ!

結果をもう一度見る