加入の手続き

建設産業に働く人は、どなたでも加入できます

組合に加入するには

東京土建は、建設産業で働く人であれば、事業主(社長)・一人親方・職人(従業員)を問わず、だれでも入れる個人加入の労働組合です。東京都内に住んでいる方、または都内の事業所で働いている方ならどなたでも加入できます。

必要なもの

◆東京土建一般労働組合加入申込書
 ※誓約書(サイン・印)
◆加入金、組合費、共済費など

東京土建国保に加入する方は上記に加え下記の書類が必要です

※提出を省略できる書類もあります。詳しくは組合事務所にお問い合わせください。
※★印の書類はマイナンバー制度における情報連携により提出を省略することができます。

  • 東京土建国民健康保険  組合加入申込書(印)
  • 加入資格確認書類
    建設業で働いていることを証明できる業種確認資料です。詳しくは、組合事務所にお問い合わせください。
    ※70歳以上の方が加入する場合は「住民税課税(非課税)証明書」などの所得を確認できる書類が必要です。
  • 世帯全員の住民票1通 ★
    (交付後3カ月以内のもの・本籍不要・コピー可)
    ※単身者であっても「世帯全員の住民票」として交付を受けてください。
  • いま持っている保険証のコピー(家族分も含めて)または健康保険の資格喪失証明書 ★
  • 個人番号確認書類・身元確認書類
    ※提示をお願いします。
  • 「一部負担払戻金」に対する同意書兼ゆうちょ銀行総合口座届(印)
  • 東京土建国保組合保険料
  • 介護保険料(40~64歳の方)
  • 事業所従事者証明書
    ※都外[茨城・埼玉・千葉・神奈川・山梨]居住者の方は、都内の事業所に従事している事の証明が必要です。
「厚生年金」と「土建国保」のセット加入ができます

適用除外承認を受けている事業所に新たに雇用された人や、土建国保に加入されている人が、社会保険に加入している事業所に雇用された場合は、年金事務所で承認を受けることによって、東京土建国保を使いながら、厚生年金に加入することができる場合があります。承認の要件など詳しくは、組合事務所にお問い合わせください。

組合に加入すると

組合員は月に一度の「群会議」(寄り合い)に参加します。

「群会議」では、まず組合費と土建国保保険料をおさめます。

また「群会議」では仕事や暮らしの情報を出し合い交流を深めます。

※組合の主人公は、組合員一人ひとりです。組合は仕事と暮らしの「共通の要求」で団結しています。
※組合の豊富な制度や業務を利用することができます。
※組合の「規約」と「綱領」は東京土建のホームページでご覧いただけます。

東京土建の組織構成図

東京土建の組織は本部-支部-分会-群という体系になっています。そしてそれぞれの会議は毎月定例日が決まっています。(全都に約9,400群)(全都に約400分会)(全都に36支部)
群があつまって、地域ごとに「分会」をつくっています。「分会」があつまって、区や市を単位に「支部」をつくっています。「支部」には、それぞれ事務所があります。事務所には、専任の書記や職員がいて各種手続きと相談をおこなっています。