自転車保険と自動車共済

自転車保険(引受保険会社:損害保険ジャパン株式会社)

組合員本人と生計を共にする家族の自転車に乗っている時の事故、自転車にぶつけられた事故だけでなく、日常生活に起因する偶然な事故により、他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりして法律上の賠償責任を負った時に保険金をお支払いします。

日本国内における主な傷害事故事例(業務中、業務外とも補償)
  • 自転車で転倒した
  • 歩行中、自転車にぶつけられた
  • 自転車同士でぶつかった
主な賠償事故事例(業務外のみ補償)
  • 自転車で歩行者にケガをさせた
  • アパートに住んでいて、洗濯機のホースがはずれ、階下の住人の家財を汚損した
  • 買い物中に商品を壊した
加入型
  • 「個人型」(契約者本人のみ)プラン
    年間掛金 2,500円
  • 「家族型」(契約者本人と同居親族)プラン
    年間掛金 4,500円
主な補償
  • 「個人型」は契約者本人のみ入院・通院、死亡・後遺障害補償
  • 「家族型」は契約者本人と同居の親族に入院・通院、死亡・後遺障害補償
  • 賠償事故は、個人型、家族型とも契約者本人と同居の親族に最大1億円の補償

自動車共済(元受団体:関東自動車共済協同組合)

関東自動車共済協同組合を元請として取り扱っています。組合員と同居する家族が所有する車、および業務用・法人名義の車両も加入できます。経費節減や家計節約となる掛金で補償も充実しています。団体割引が適用されています。

あんしん

事故受付は24時間体制で専門職員や顧問弁護士が事故解決まで責任をもって対処します。
全国にある5つの組合がサポートしますので、どこで事故が発生しても安心です。

ゆとり

損害保険会社のリスク細分型商品ではなく、使用目的による掛金区分がないので、お仕事でご使用の場合でも同じ掛金です。

たすけあい

「共済」は「互いに助け合う」「お互いにお金を出し合って何かをする」といった意味を持つ言葉で、営利を目的とするものではなく、相互扶助を目的とします。

4つのメリット
  • 掛金はスケールメリットを生かした特別価格
  • 事故処理が迅速でていねい
  • 他の自動車保険の無事故等級が継承できます
  • もしもの時には無料のロードサービス