法定福利費計算に挑戦

法定福利費計算に挑戦



厚生年金新規適用の実務実践
  1. 商業登記簿謄本を法務局で取得しよう!
  2. 厚生年金保険料の振替口座届⇒専用様式を取引銀行へ
    (新設法人の場合には会社の代表者印と銀行印を準備する必要があります)
  3. 年金手帳を準備しよう!厚生年金加入者全て必要
    (配偶者の年間収入(又は見込み)が130万円未満の場合、第3号被保険者の手続きが出来ます
    労働者名簿または履歴書 その際は配偶者の年金手帳が必要です)
  4. 労働者名簿または履歴書(法定3帳簿は備えよう!)
  5. 賃金台帳または雇入通知書(月々の支払いが分かるもの)
  6. 約2~3週間後に新規適用の完了
    上位業者へ適用除外承認証控えを提出して仕事ができるゾ!
  7. 法定福利費獲得へ
    標準見積書を提出
雇用保険新規適用の実務編
  1. 商業登記簿謄本(厚生年金との同時の場合は写しでも可)
  2. 被保険者証を準備しよう!
  3. 雇入通知書や履歴書を準備しよう!
    ※既に雇い入れた労働者は全期間の賃金台帳・出勤簿が必要です
  4. 法定福利費獲得へ
    標準見積書を提出